中古車について知っておきたいこと


クルマというものは新車で購入して6年経てば査定金額は0円になります。新車でクルマを買って、6年後に新たなクルマに乗り換えようと考え、同じクルマディーラー店に行っても古いクルマの下取り価格は0円ということですね。

なかにはお得意様だかといって、10万とか20万とかの査定価格を付けてくれる場合もありますが、基本は6年で価値は0円になるのです。

その点を考慮すると、新車でクルマを購入するときの価格の高さはびっくりしてしまいます。少しオプション装備を付けただけでクルマ本体+何十万円もの価格になってしまいます。

例えば本体150万円のクルマに、安全装置、便利グッズを付けると200万円近くの価格になって、驚くこともあります。

しかし中古車ならばそういったものも全部価格に含まれていて、あとは整備費用と法的な諸費用だけで済みますから、たくさんのオプションが付いているけど案外安く済んだなと思うことがよくあるのです。

中古車を購入するときに注意しておきたいこと

初めて中古車を購入するときに失敗しないために注意しておきたいことがあります。中古車でもよい車を選ぶことができれば、新車よりも安く抑えられ、長持ちさせることもできますので、ポイントを知っておくことはとても大事になります。

中古の車を買う時に絶対に確認しておきたいのは、保障内容がしっかりしている車を選ぶようにし,購入してすぐに不具合があった場合、保障がうけられなくなります。事故車ではないかの確認も忘れずにしましょう。もし事故車であった場合は、修復歴なしの車より確実にダメージがくることが多いからです。

中古車を買うときに気にすることで多いのは、走行距離と年式です。走行距離が少ないのが良い車だとも、年式が新しいのが良いとも言えません。
普通は一年間に1万km走っているのが普通なので、年式と走行距離のバランスが一番よいのが良い中古車となります。
中古車の購入では、細かく調べてから購入するようにしましょう。

コメントは受け付けていません。